文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白
五木村トップへ

五木村複業協同組合

最終更新日:

五木村複業協同組合が「特定地域づくり事業協同組合」として県内で初めて認定されました。  

日野さん

五木村複業協同組合が「特定地域づくり事業協同組合」として、熊本県内で初めて認定され、第一号として、その交付式が令和3年9月30日に執り行われました。

 五木村複業協同組合は、村内の9つの事業所からなり、(園田農林株式会社・株式会社子守唄の里五木・五木とうふ店・ロッジ山小屋・有限会社五木屋本舗・GMT協同組合・五木の友・有限会社丸一産業・株式会社日添)それぞれの繁忙期に人材派遣を行い、仕事を組み合わせることで、年間を通して安定した仕事を作り出すことができ、慢性的な人手不足の解消や、各事業所の負担軽減、また、その新しい形の働き方を通して、五木村への移住者の増加を促すことを目的としています。




熊本県庁にて、知事より日野代表が認定書の交付を受けました。

日野さん

日野代表は、新型コロナウイルスや令和2年7月の豪雨の影響もあり現在転換期に来ているとし、今後新しい取り組みが必要ではないかと考え、今回村内の9つの事業所の事業者と共に五木村複業協同組合を設立されました。

「今後、住宅支援や人材育成にも力をいれていきたいと考えており、派遣事業だけでなく、人を支える部分も村と協力して進めていきたい。各事業者や新たに雇用する職員と連携しながら、五木村の未来に繋がる取組みをしていきたい。」と意気込みを語られています。

 

木下村長は、「ここ数年、移住者の数が増えている中で、日野さんたちには会社を立ち上げ、村民と交流し、地元の雇用をはじめ地域活性化に取り組んでもらっている。村としても今後の方向性を考える上で今回の認定は非常に意味があり、今後も精一杯支援しながら振興に繋げていきたい。」と今後の展望を述べられております。

認定書の交付後、各知事から其々ご意見頂きました。

交付式

蒲島知事

「五木村には可能性がある。コロナ過を受け、仕事がリモートで出来る時代だからこそ、五木村の利点を活かしてほしい。県としても絶対的な支援をしたい。」

 

田嶋副知事

「10年前から五木村の復興に携わってきたが、なかなか地域の中で雇用や産業を生み出すのが難しい中で、今回の様に事業者同士の横の繋がりを活かすのは非常に有効な手段であり、今後とも支援していきたい。」

 

木村副知事

「中山間地域は年間を通して一人が3つの仕事に従事するくらいが丁度いい。組合の会員になると、社会保険をもらいながら暮らせる。五木村で新しい地域のつながりや雇用の輪ができて良かった。将来的には採用され、村に来た人が新しく会社を作ってくれる様な流れになるといい。この取組みが中山間地域の光になれば」

今後の動き。

くまモンと

現在、2名の採用が決まっており、11月1日から村内各事業所に派遣される予定です。

今後更に1名の追加採用も予定されております。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1316)
五木村役場
ふるさと振興課
〒868-0201  熊本県球磨郡五木村甲2672-7
電話:0966-37-2212
FAX:0966-37-2215

© 2020 Itsuki Village.