文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白
            
五木村トップへ

五木村の概要

最終更新日:
 

五木村の概要

  • 五木村の画像


五木村は、熊本県南部、球磨郡北部に位置しています。東は水上村、多良木町、西は八代郡東陽村、坂本村、南は山江村、相良村、北は八代郡泉村の五家荘地帯に隣接した村です。村全体が九州山地の山岳地帯にあるため、標高1,000m以上の山岳が連なり、平坦部は非常に少なく、深い峡谷が縦横に走る急峻な地形が特徴です。

 

村民憲章

私たちは、美しい自然に恵まれ古い歴史と伝統の中に育まれた五木村民です。
未来に向かって夢と希望をもち平和で豊かな村の発展を願ってこの憲章を定めます。


一、相手の立場を尊重し、心のふれあいを大切にします
一、健康、しあわせ、いきがいを求めて生涯学びつづけます
一、仕事に誇りをもち、広い心で村づくりに励みます
一、自然を愛し美しく住みよい子守唄の里をつくります
一、歴史と伝統を守り文化の村を築きます

 

村章

  • 五木村章の画像



古い歴史と伝統を礎に反映してきた五木の五を御器と杵臼にかたどり、円は太陽を表しています。五木村の発展と平和を意味しています。

 

県花・県木・県鳥

  • つばきの画像
  • いちょうの画像
  • めじろの画像


 

五木村のあゆみ

月日 出来事
平成17年 4月1日 行政改革の一環として、村長部局を3課に統合
平成17年 7月6日 梅雨前線により入鴨地区3世帯の住宅等に土砂流出被害
平成17年 8月4日 頭地〜掛橋間の付替国道・付替村道(計2,346m)供用開始
平成17年 9月2日 森林組合事務所落成(頭地代替地)
平成17年 9月6日 ・台風14号により国道445号(築切地区)道路崩壊全面通行止(11月18日片側交互通行)・鶴地区で床上浸水1戸、床下浸水2戸・災害対策本部を設置
平成18年 3月31日 三浦小学校閉校
平成18年 7月21日 ・梅雨前線豪雨により国道445号(築切地区)で道路崩壊(8月19日片側交互通行)・村道土会平線池の鶴地内で落石。小八重橋〜高野橋区間全面通行止
平成18年 10月19日 厚生労働大臣より保健事業推進功労表彰
平成18年 10月31日 県道宮原五木線の大通峠改良区間供用開始(ループ橋含む約870m区間完成)
平成19年 7月6日 梅雨前線豪雨により国道445号(竹の川、築切)で道路決壊。チッソ(株)堰堤、流失。
平成19年 9月1日 五木中学校、人吉高校五木分校 新校舎で授業開始 (10月25日落成式)
平成20年 3月 五木中学校、人吉高校五木分校 旧校舎解体作業始まる
平成20年 4月15日 国道445号(椿橋〜九折瀬方面 1,053m)供用開始
平成20年 7月25日 森林基幹道相良五木線(元井谷〜相良村椎葉、全長16km)開通
平成21年

4月3

「五木村シルバー人材センター」が設立
平成21年 5月9日 頭地代替地の子守唄公園一帯で「第1回五木のふるさと新緑祭」を開催
平成21年 10月16日 川崎のぼるさんデザインのゆるキャラ「子守娘」の愛称が「いつきちゃん」に決定
平成22年 3月18日 村会議が全国初となる議員報酬に成果主義を導入する条例改正案を議決
平成22年 6月14日  村税の個人住民税と軽自動車税、健康保険税の収納率2年連続100パーセントを達成 
平成23年 4月6日 村議会が全国初となる議員報酬の「成果主義」導入による評価を公表
平成23年 10月11日  五木村長選挙が行われ、和田拓也氏が2回目の当選 
平成24年 7月12日 九州北部豪雨による大雨で九折瀬地区や横手地区で家屋の全壊や道路決壊など大きな被害が発生(家屋の全壊4戸)
平成24年 12月14日 村議会が「成果主義による議員報酬制度」を廃止する条例改正案を可決 
平成25年 3月31日  主要地方道宮原五木線の頭地代替地と高野代替地を結ぶ「頭地大橋」(延長487メートル)が開通
平成27年  4月1日  村の初めての「地域おこし協力隊」として3人の女性隊員が着任
平成27年 4月24日 

五木村の東俣阿蘇神社を含む人吉球磨地域が熊本県の第1号として全国17地域とともに文化庁が創設した「日本遺産」に認定
(平成29年4月に東俣阿蘇神社は東俣・西俣阿蘇神社に名所変更) 

平成27年  6月5日  平成26年度村県民税や固定資産税など村税の5税目すべてで収納率が100パーセントを達成 
平成28年  6月3日  平成27年度村税について前年に続き全税目で収納率100パーセントを達成 
平成28年  7月11日

国土交通省が公表した水質検査で川辺川が10年連続「最も良好」と判定 

平成29年  6月5日  平成28年度の村税について3年連続で全税目で収納率100パーセントを達成 
平成29年  11月20日  五木村が地方自法施行70周年記念式典で「総務大臣表彰」を受賞 
平成30年 2月21日  歴史文化交流館「ヒストリアテラス五木谷」が第23回熊本県木材利用大型施設コンクールで熊本県木材事業協同組合
連合会賞を受賞 
平成30年  2月28日  五木村産の木材を使った「五木源住宅」の復興モデル住宅が熊本地震で被災した阿蘇郡西原村に完成 
平成31年  3月8日  水没予定地に宿泊施設と遊び広場を兼ね備えた「森と渓流 ITSUKI STAY」が完成 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:21)
五木村 自然が奏でる子守唄の里

法人番号 6000020435112
〒868-0201  熊本県球磨郡五木村甲2672番地7  
電話番号:0966-37-22110966-37-2211   Fax:0966-37-2215  

© 2020 Itsuki Village.